コストパフォーマンス抜群

退去の費用節約と業者選び

居抜きは内装や設備を撤去せずに物件の譲渡や売買を行うことです。居抜きと聞くと飲食店の既存の調理設備を活用することをイメージする方も多いと思いますが、オフィスも同様に居抜きでの物件取引ができます。
オフィスの居抜きをすることのメリットは、退去時の費用を節約できることです。通常であれば原状回復をしなければなりませんが、居抜きであれば内装やパーティションなどもそのまま引き渡すことが可能となります。原状回復のための工事費を節約できるため、できるだけお金をかけずにオフィスを移転したいのであればおすすめの選択肢です。新しくオフィスを構える企業にとっても内装や設備にかかる費用を軽減できるという利点があるので、win-winの取引ができるでしょう。
ただしオフィスの居抜きには退去する企業と入居する企業の両方の存在が必要になります。いくら居抜きを利用した移転を行いたいとしても、相手がいなければ取引のしようがありません。そのため、スムーズな移転を考えるのであれば仲介業者選びが重要になります。入居する企業が見つからなければ原状回復しなければならない(もしくは契約を更新しなければならない)ので、スピーディーに取引相手を見つけられるかが業者選びのポイントです。

エコノミーな居抜きオフィス

企業が事業を行う場合、基本的にオフィスを構えることになるでしょう。最近ではスモールオフィスが主流となっていますが、まだまだ賃貸物件を購入してオフィスを構える事業者が少なくありません。オフィスとして物件を借りる方法はいろいろありますが、その中の一つに居抜き物件を選択する方法があります。居抜きとは前に使用していた人が残した備品や設備をそのままの状態で借りられることを言います。居抜きのオフィスにはよい点がいくつかあるので、この形態でオフィスを借りる事業者が増えています。
居抜きのオフィスのよいところはどのような点なのでしょうか。まずは借りるときに発生するコストを少なくできることです。通常の方法で事業物件を借りる場合、内装工事を行わなければなりません。しかし、居抜きの場合は内装工事は必要ありません。内装工事をするには数十万円単位の費用がかかるので、それを節約できるのは大きいと言えるでしょう。
また、残してある設備や備品をそのまま利用できるので、それらを用意する費用も節約することが可能です。それから、短時間で物件に入居できるのもよい点です。営業設備はある程度揃った状態の物件を借りることになるからです。

居抜き移転でオフィス退去時にかかる原状回復費を新しいオフィスを借りる際にかかるコストに充てよう! 都心や関東、幅広い地域での物件をととりあつかっていきます。居抜きで退去したいけど入居希望者を探すのが大変 そんな方にTSUNAGARU OFFICEがサポートします。 つながるオフィスなら居抜きオフィス移転の際のオーナー様への交渉を代行いたします。 居抜き物件をうまく活用しながらオフィス活用

お知らせ

2017.11.17
時代に合った効率的な不動産物件を更新。
2017.11.17
安全に居抜きオフィスを契約するを更新。
2017.11.17
より具体的な節約部分を更新。
2017.11.17
現代の居抜きオフィス事情を更新。